糖尿病予防にはバランスの良い食事と適度な運動が大切!

糖尿病はどうやって予防すればよいのか?食事と運動に気を使ってみましょう! - 糖尿病予防にはバランスの良い食事と適度な運動が大切!

更新情報

アーカイブ

糖尿病予防にはバランスの良い食事と適度な運動が大切!

thtrs健康診断を受けたときに、糖尿病の気があると判断されることもあります。治療は必要ありませんが、糖尿病になるリスクを抱えている人は意外に多く、特に暴飲暴食、肥満傾向にある人は要注意です。予防するにはバランスの良い食事と運動が必要になります。

食べ過ぎないように

糖尿病になる要因として暴飲暴食が挙げられ、それに伴い肥満になることで発症しやすくなります。よって食べ過ぎには要注意です。良く糖質を抑えれば糖尿病の予防になると考える人も多いですが、炭水化物にも糖質が含まれています。よって炭水化物を控えるようにしましょう。お米はもちろんパンや麺類にも含まれており、意識的に制限しなければ食事療法は難しいです。また炭水化物だけ制限して、タンパク質や脂質を取り過ぎてしまう傾向にあり、そうなると生活習慣病を発症する可能性があります。バランスよく毎日3食、野菜を添えた食事を腹八分に抑えるようにしてください。
糖尿病患者の食事制限 http://tou10.com/

食べ方にも工夫をする

暴飲暴食を避けるのはもちろんですが、食べ方を変えることでも血糖値を下げることに貢献します。サラダや海藻類、きのこなどを最初に食べることで血糖値が上がりにくくなることがわかっています。その次におかずとなる魚や肉を食べて、炭水化物であるお米やパンを食べると、血糖値が急激に上がりにくくなります。このように食べ方を工夫するだけでも予防になります。比較的食べ方の工夫はすぐに導入しやすいですので、肥満傾向にある人はさっそく実践することをおすすめします。

運動することによってインスリン感受性が高くなる

運動をすることでブドウ糖が筋肉に取り込まれやすくなることがわかっています。いわゆる糖分は運動をすることによって軽減することになります。また運動はインスリンの感受性が高くなることがわかっていますので、糖尿病予防のためには大きな貢献をしてくれるでしょう。また基礎代謝が上がりますので、脂肪が消費されやすくなり、太りにくい体を作ることができます。肥満こそ糖尿病の大敵になりますので、意識的に運動を取り入れることが重要であることがわかるでしょう。

ウォーキングこそ相性が良い運動

aega
ではどのくらいの運動をすれば、糖尿病予防に効果的になるかと疑問に感じるはずです。脈拍がこのくらいの運動が適しているなどありますが、うっすら汗をかく程度のウォーキングでも十分効果を見込むことができるとされています。

このくらいの運動をしなければならないというのは、プレッシャーになってしまうことが多いです。まずはうっすら汗をかく程度のウォーキングに取り組む意気込みを持てば、運動もしやすくなるでしょう。また普段の生活から徒歩を組み込むようにすれば、運動をしなければならないというプレッシャーも感じにくくなります。

工夫をして日常に運動を取り入れましょう。

肥満の方は急激な運動に注意を

ただ肥満の方が急激に運動をしてしまうと問題が起きることがあります。普段から動いていない人が運動をすると、体重が膝や腰に来て体が動かなくなってしまうことも。健康診断などで肥満を指摘されている人は、まずはウォーキングから始めて、慣れてきたらジョギングなどに切り替えることをおすすめします。

食事と運動を組み合わせる

食事療法に失敗したから、運動で取り戻すような糖尿病予防であれば長続きしません。あくまでも双方ともバランス良く続けることが予防になることを覚えておきましょう。継続した食事と運動療法に取り組んでください。

Copyright(C)2016糖尿病予防にはバランスの良い食事と適度な運動が大切!All Rights Reserved.